新茶づくり

『夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る~』の次の歌詞から何気に知らない茶摘みの歌ですが、GW中はちょうど八十八夜になります。お茶は茶の木の葉を摘んで作ります。隣の畑の境界線代わりなどちょこちょこ畑に植えられています。贅沢な一芯二葉だとなかなか量が集まらないので一芯三葉位で新茶づくりをしました。ネットで検索すると色々な作り方が載っているのですが私はホットプレートで炒ってモミモミする方法で作りました。最後は天日干しでしっかり乾燥させないと気が付いたらカビるので注意です。とにかくよく揉むことが肝心です。新茶の良い香りが口の中に広がります。因みに結構時間がかかるので夜なべ&終わらず朝5時からひたすらモミモミ。春の山菜もそうですが摘みすぎると後処理が大変なんです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です