乾燥山椒の収穫

7月初旬頃から乾燥用の山椒の収穫が始まっています。この時期の山椒は乾燥させて漢方薬の原料として大手製薬会社に卸されます。山椒を配合している医療用漢方処方は大建中湯(だいけんちゅうとう)と当帰湯(とうきとう)があります。
ここで、山椒の漢方の効能について説明を少々。
性味:辛、大熱
薬能:腹の中の冷えや痛みを治す。回虫を殺し、脾胃を温めて寒を散ずる。
主な漢方処方:大建中湯、当帰湯
大建中湯は腹痛やお腹の張りをやわらげ、また、体をあたためて胃腸の調子をよくします。
当帰湯は背中に寒冷を覚え、腹部膨満感や腹痛をやわらげます。
どちらも、山椒の消化機能を立て直す効能が効くんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です