♪夏も近づく八十八夜

夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る♪と「茶摘」の歌にある、八十八夜とは、いつでしょう?
答えは…立春から数えて88日目を指し、今年は5月1日がこの日にあたります。八十八夜を過ぎると数日で立夏を迎えて、夏が始まろうとしています。
茶摘を口ずさみながらお茶摘みをしました。いい香りです。
お茶を摘んで→炒めて→揉んで→乾燥させます。美味しいお茶を作るにはこの揉んで→乾燥を数回繰り返して香りを出すことが重要です。
晴れている日に作れば朝から1日で出来上がります。しかし暑さに体がまだ慣れていなくて、1日揉むのは地味ながらキツイ作業となります。

お茶の新芽を摘みます
よく揉みます
緑茶の出来上がりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です